カテゴリ:発電nukes( 28 )

いつもの

e0049818_21463973.jpg

「いつもの」という名のやさい炒め定食
明日は満月です。13時11分 1*11
Aiちゃんのめいそう会 19時から

[PR]
by spicedays | 2014-06-12 21:45 | 発電nukes

くぼっちと選挙権。

e0049818_1564289.jpg

いよいよ神戸市長選挙祭りですね
選挙権ある人は権利使えますね
くぼっちもテンションあがってます
くぼっちからメッセージです
「無理して誰かに投票しなくても、無記名投票も出来るで!まずは参加せんとね 若者よ行くよー」
ではあした!

明日27日日曜日は、通常通り営業してまーす!

[PR]
by spicedays | 2013-10-27 01:56 | 発電nukes

大飯3・4号運転停止行政訴訟の第5回法廷のこと。

さよげんMLから勝手にコピー&ペーストさせていただきます。
大飯3・4号運転停止行政訴訟の第5回法廷のことです。


中嶌哲演さん意見陳述紹介します

大阪地方裁判所 御中
「大飯原発 3・ 4号機の停止処分を求める意見陳述」
2013年5月22日
(原告)中嶌哲演

わたしたち小浜市民は、「美しい若狭を守ろう!」というスローガンを一貫して
かかげながら、有権者 (24000人)の絶対過半数の署名運動などによって、 1970
年代に二度小浜原発の設置を阻止し、 2000年代にも二度使用済み核燃料中間貯
蔵施設の誘致を阻止してきました。


そればかりではありません。対岸部の大飯原発 1・ 2号機の建設(1972年に設置
許可)、 3・ 4号機の増設(1987年に設置許可)にも強く反対しました。

なぜなら、当時の小浜市民は大飯原発から 10km以内の住民分布の 75%(大飯町
民は 14%)を占めていたにもかかわらず、その建設・増設の賛否への発言権がな
かったからです。

「子供、孫の代まで一生死刑宣告を受けたのと同じである。とにかく(増設を)
止める事をお願い致します」、「二児の母として断固反対しま す」、「原発の
増設、集中化は将来大事故の%も大きくなり、歴史に残る大惨事も覚悟しなけれ
ばならないだろう」、「山が泣きます 海が泣きます そして子孫を泣かせないで」

ー若狭で14基・15基目(福井県への申し入れ順)の大飯3・4号機増設に反対する
小浜市民のこれらの痛切な声は、1983-84年頃にとり くまれたアンケートや住
民投票の中ですでにあげられていたのです。


3・11後の間もない6月小浜市議会は、「この過酷事故は決して他人事ではなく、
現在避難せざるを得ない人々の心情を思うと誠に忍びない」と して、全会一致
で、政府と国会に対する「原子力発電からの脱却を求める意見書」を全国の市町
村に先駆けて採択しました。

また翌年の国の説明会でも、市長や議長をふくむ各種市民団体の代表は、大飯
3・ 4号機の拙速な再稼働にこぞって反対しました。

にもかかわらず、関西電力も国や福井県の原子力行政も、関西電力と小浜市との
「安全協定」のおおい町並みの改定要求に応じることなく、再稼働 を強行突破
したことは周知の通りであります。

「百万ドル夜景を前にしんしんと死の灰つもる音を聞きおり」(奥本守『歌集2
紫つゆくさ 』より)

ーこれは、かつて大飯原発の建設作業にもたずさわった若狭町の農民歌人、奥本
守さんの一首です。

チヱルノプイリ原発 4号機が放出した「死の灰」は広島原爆 800発分、今度の福
島原発事故によってすでに放出されたセシウムだけでも同200発分近くとのこと。

昨年 7月に再稼働した大飯原発 3・ 4号機の使用済み核燃料中には、すでに新た
な「死の灰」が広島原爆千数百発分も生成、蓄積されているのです。

関西電力はこの 10ヶ月間の再稼働によって 3000億円の電気料金を獲得している
かもしれませんが、
対岸部の小浜市民としてはその巨大な影の部分を忘れ去ることはできません。

否、大飯原発をはじめ若狭の原発群の「真の地元」は、その大量の電力を 40年
間にわたって消費してきた関西広域圏ではないでしょうか。

「若狭原発震災」が引き起こされれば、いわゆる若狭の地元住民だけでなく、い
まや関西広域圏の住民もろともに、その「生命、自由、幸福、環 境、健康で文
化的な最低限の生活」もことごとく奪われるでしょう。

裁判長、関西電力のお膝元の大阪地裁とはいえ、また国のおごれる原子力行政に
歯止めをかけていただくべく、
大飯原発 3・ 4号機の即時停止の司法判断、判決を心から期待し、要望いたします。





大阪地方裁判所 御中
陳述書
2013年5月22日
原告 松浦雅代

私は和歌山市に生まれ育ち、現在も住んでいます。

1979年アメリカのスリーマイル島の原発事故で、和歌山県が原発候補地だという
事を知り、原子力の事を学び初めました。
スリーマイル島の事故は炉心溶融という重大事故でした。事故から3日後、州知
事が半径5マイル(約8km)内の妊婦や幼児の避難を決定しました。 この時、初
めて事故が起これば大変な事になる事を知りました。一年後まだ原子炉の中がど
のようになっているか分からないのに日本の国は安全宣言を 出しました。

スリーマイル事故の7年後にチェルノブイリの事故が起きました。核暴走事故で
した。ゴルバチョフ書記長の「我々は核戦争のあとを経験してしまっ た」と述
べている映像が映し出され、私は衝撃を受けました。チェルノブイリ原発から
30kmが強制避難地域になりました。

詳細が分からないうちに、国は原子炉の形が違うから日本の原発は安全だと直ぐ
さま安全宣言を出しました。

和歌山では推進の動きが活発になりました。チェルノブイリから8000km離れた日
本にも放射能が飛んできました。地球規模の放射能汚染でした。 私たちは環境
に放射性物質がばらまかれるとどうする事も出来ないし、人間の手に負えない事
を知ることになりました。

ドイツの大学では生殖器が被ばくするから芝生に座らないようにと学長が注意。
フィンランドの女性1000人が子どもを産まないデモを繰り広げまし た。ヨー
ロッパからは原発計画の見直しの情報が次々入ってきました。

しかし日本では国と電力会社は原発は安全だと言い続けました。

この時、私は何としても和歌山の原発建設を止めたいと思いました。私一人では
ありませんでした。同じ思いのお母さんたちがたくさんいました。

和歌山県の原発立地計画は1967年から4町5か所になりました。しかし現地の人た
ちは原発の危険性を早くから見抜いていました。「青い空・青い 海・青い山を
子どもたちに残そう」と故郷を守るために反対を繰り広げました。1968年日高郡
の14漁協は県知事への陳情で「県当局は如何に如何 様にこの危険物を誘致に、
誘導するか。世界最大なる危険物の取扱により人類の抹殺、且つ沿岸漁民を餓死
に導くがごときこと、これが施策か(略)か かる世界人類最大の危険物の誘致
に対して漁民の真意をよく御諒察頂き,………」とこれは今から45年前のものです。

日置川町では1988年、今から25年前「町を荒廃させる原発より過疎の方を選びた
い。それが子孫に残してやれる唯一の道」と言った町長候補が勝 ちました。

和歌山の反対してきた人たちが何を守ってきたのかを知らしめるものです。現
在、和歌山県には原発は1基もありません。

2011年3月11日、現実に日本でレベル7の原発事故が起こってしまいました。

メルトダウンが起きていたにも関わらず、直ぐに国民に知らせませんでした。

ただ一つの予防策ヨウ素剤をほとんどの子どもたちに飲ませませんでした。放射
性ヨウ素を子どもたちは体内に取り込んでしまいました。

現在日本の法律の基準では当然放射性管理区域になるべきところに子どもが住ん
でいます。この現実を私たちは直視しなければなりません。

好むと好まざるに関わらず、私たち関西の人間も福島の事故で被ばくしてしまい
ました。これからも被ばくは続きます。

放射性物質は見えない上に、においも色もついていません、痛くもかゆくもあり
ません。人間の五感には感じることが出来ません。が環境中にばらまか れた放
射能に被ばくし必ず影響を受けます。特に子どもたちについては大人の何倍もの
影響があります。半減期が約30年のセシウムは、子どもたちの これからの人生
で影響は避けられません。

幼い子供を抱えて福島や関東から和歌山にも避難してきたおかあさんたちは、子
どもに被ばくさせてしまった親としての苦しさと家族離れ離れによる子 どもた
ちの不安定さに苦しんでいました。

「こわくて次の子どもが産めない」「安心して子どもを育てたい」というお母さ
んの声は切実です。

なんとしても安心して子どもを生み育てられる環境を未来の子どもたちに引き継
がねばなりません。

まず地殻変動の激しい日本で、原発を稼働させない事。環境汚染と「核のごみ」
をこれ以上増やさない事。

いま唯一動いている大飯3・4号を未来の子どもたちのために、速やかに停止させ
て下さる事を求めます。
[PR]
by spicedays | 2013-05-23 03:04 | 発電nukes

3月29日金曜日夜7時くらいから音骨ライブ

小笠原諸島の音骨(おとぼね)さんが今夜ライブしてくれる!2年半振りのルーシー かなりパワーアップしてます!楽しみ!今夜は投げ銭ライブです!聴きに来てください!

e0049818_1315712.jpg


e0049818_1315890.jpg


e0049818_1315882.jpg


e0049818_1315984.jpg


e0049818_1315923.jpg


e0049818_132018.jpg

e0049818_14264855.jpg

e0049818_1427338.jpg

[PR]
by spicedays | 2013-03-29 12:54 | 発電nukes

宮城県石巻の地酒

届きました!
今回は、新酒の生酒も!
いつもありがとうございます!
壽屋酒店から!
飲みに来てください!
e0049818_1833479.jpg



e0049818_18334873.jpg


e0049818_18334859.jpg

[PR]
by spicedays | 2013-01-13 18:30 | 発電nukes

選挙行って来ました

選挙投票に家族で行って来たで
知った人も多くて、投票所は賑わっていたで
それだけみんな不安やし、平和を願っているんやわ
選挙権ある人は権利を使おう。
タダで楽しめる。
でも慎重にね。
では今日も楽しみましょう!
e0049818_10594293.jpg

e0049818_1171019.jpg

[PR]
by spicedays | 2012-12-16 10:52 | 発電nukes

選挙に行こうダンスを踊ろう

e0049818_18312118.jpg


e0049818_18312216.jpg

[PR]
by spicedays | 2012-12-12 18:28 | 発電nukes

明日はみなとの森公園!

明日12月9日日曜日は、朝10時から夕方5時まで、神戸三宮の南徒歩10分くらいのとこにある、みなとの森公園で、神戸ふれあいチャリティ2012というタイトルの東北被災地チャリティと原発ゼロを願った野外イベントがあります。入場無料です。ルーシーホリエハウスは、薬膳カリーと温かいココアとベジタリアンスイーツと福崎町のエジソンこと橋本さんの自転車自家発電コーナーを担当します。パカットカフェのシゲちゃんは最強の豚汁を担当します。ろうそく屋ホホは、ステージのデコレーションと、ろうそく屋を担当します。最高のろうそく買えます。ステージは、震災ボランティア報告、ぬんヨガ、ジャグリング、高校生ばんど、福島からの現状報告、宮城愛などなと、目玉飛び出る内容です。ぬんヨガと宮城愛のコラボは必見です!
屋台も東北のグルメに物産展、フリマ、塩麹焼きそば、餅つきなどお楽しみがいっぱい!
昨日も、三陸沖で、大きな地震がありました。ほんまに気の毒です。無事な地域が出来ることを個人レベルで探して思いを伝えたいと思います。このイベントは、内容盛りだくさんやけど、食べたり遊んだりすることがチャリティ(集まったお金は、福島県浪江町、飯館村、双葉町で使っていただきます)になるから寒いけどぜひ遊びに来てください。ほなまた!
[PR]
by spicedays | 2012-12-08 13:58 | 発電nukes

福崎のエジソン橋本さんご来店!

福崎町のエジソンこと橋本さんが、開発した自転車発電機を運んできてくれました!150Wへの挑戦や!
自分で体験することは、1番よくわかります。電気は偉大な発明、だからこそ、
大切にしたいわ!!ありがとう橋本さん、そして、イヌイットマスター!
e0049818_206178.jpg


e0049818_206283.jpg


e0049818_206346.jpg


e0049818_206312.jpg

[PR]
by spicedays | 2012-11-24 14:04 | 発電nukes

小原一真さんと原発作業員

フォトジャーナリスト小原一真さんのレポートから

先月取材した作業員が、今一番皆に知って欲しいことは?との問いに「何も変わっていないことを知ってほしい」と。警戒区域も徐々に解除され、収束に向かっているかのような雰囲気があるが、現場の線量は全く変わっていない、と。 彼は今、 被爆線量が限度に近づき一線を退いているが、 今年の春以降の3号機脇での作業で1日2mSvの被曝をしている。法的には1年間の被曝限度が50ミリ/年だが、会社独自の基準はもっと低い場合があり(例えば20ミリ/年)、1Fの同じ現場に長くいることは困難である。

彼に限って言えば、同じ現場でもし10日働いたら、残りの350日は被曝作業を伴う仕事は出来ない。緊急時に1Fに入れる様、被曝出来る値を残して、一線を退いている作業員も多く見かける。彼曰く、現場の作業員は全く足りていない。それは、特殊な作業を伴う彼の変わりに仕事を出来る人がいないから。どうにか作業が進むようだましだましやっているのが現状です、と。ゼネコンのように短期間で作業員を入れ替えている現場では、違う印象を持つが、 現場で「職人さん」と呼ばれるような知識と技術をもつ作業員で、震災直後から入っている人は既に線量が一杯になり、少なくとも1度は前線から退いている。

昨日のクローズアップ現代で実際の作業員は8000人しかいないとの新たな事実に対し、短期的には足りているという東京電力の解答があったが、その短期とはどれぐらいの期間をさしているのか。 5年で100ミリシーベルトの被曝限度がある以上、1年目で相当な値を食ってしまった人は、それ以降の年で低線量での仕事現場がなければ、辞めざるを得ない状況が出てくる。国内の原発が大飯しか動いていない現状では、年々厳しい状況になるのは目に見えている。5年以内に確保が難しかった時、政府はまた被曝限度をあげるというようなことをするのだろうか。 途上国での原発需要が高まる中、将来的な作業員確保を外国からというのも長期的に見れば起こりうるであろうし。原発の是非をめぐる議論も大事かもしれないが、収束もしていない1Fの雇用問題はもっと深刻にとりあげられるべきだと思う。

また、現場の作業を推進派や政治家がやれば良いというような発言をたまに耳にするが、現場の人間にとても失礼な言葉であると思う。現場の人たち、文字通り命を削りながら作業している最前線の人たちは、 技術的に、そんな簡単に変わりがきくような作業ではないし、彼らの仕事を冒涜しているように聞こえてしまう。

前述した男性は言う。「他にもっと給料が良くて安全な仕事なんて沢山ありますよ。それでも、働き続けているのは、これまで原発で食ってきたことに対する、責任感のような義務感のような。」彼のような言葉を沢山耳にする。
[PR]
by spicedays | 2012-11-19 02:22 | 発電nukes