脱。

原子力発電所について
 今回の福島第1事故について、政治がからんどるとかアメリカからウランを買わなあかんとかほんまかうそかわからん情報多すぎて何がほんまかようわからんけど確実にわかったことは放射能がめちゃくちゃ危険やということ。
避難せなあかん、野菜や魚は食ってはいけない、出荷してはいけない、 住まれへん、 避難指示圏内に入ったら罰則があるとか。
放射能の知識は無に等しくてもこんだけ言われたらいかに危険なもんかわかるやろ。 知識ある人は恐すぎて何も言えんようになっとるんちゃうかな。 マリファナ推進するわけじゃないけど人を簡単に殺せる放射能を作るのに税金つこて推進してマリファナは育てたらあかんておもろいね。 「核」は人間が作ったけど簡単には制御出来ないってこともわかった。福島の人はほんまに悔しいやろ。でも怒りはどこへやったらええんやろ?想像してみて。
 関西にも電気あって関西電力が福井県若狭湾に原発を15基持っとるんやで。15基やで。 今は3基が点検中で動いてないけどいつか動かすやろね 福島第一は6基であんなことになっとるのに関西は15基もある。 事故起こったらどうなると思う?どう思う?知識なくてもわかるやろ? 神戸も余裕でアウトやで。 琵琶湖が汚染されたら水は無くなる、 住めなくなる、 仕事できなくなる、 今ある当たり前の生活が無くなる、 想像してみて。大切なものや大切なことがなくなる。
 でも今まで原発のおかげでいろいろ便利に生活させてもらいましたねみなさん。 ほんまにありがとうです。設計や作業してくださった社員の皆様、電力会社関係者の皆様、ありがとうございました。さて、今回の事故をどう思いますか?こんな状況でも原発10キロ圏内に住めますか?まだ推進したい方はどうぞ住んでほしい。今の福島第一の10キロ圏内にも是非引越ししてください。いや無理やというならホンマの安全を考える実行する。これからは次のステップちゃいますか?人間の便利を求める我欲のために作られたもので結局は不便と絶望を生む。 今まさに生活を見直す時。 エネルギーについて個人個人が自分のこととして考える時。今やらんといつやんの?今やで今。 人任せにしないで不便を恐れずに工夫をしていきましょう。「工夫とは無限である。」という言葉もありますから。まずは原発に関する知識から。「プルサーマル」という単語を調べてみました。よかったら調べてみてください。


5月7日土曜日14時から神戸三宮市役所南側の東遊園地である脱原発デモThink Fukushima詳細
           ↓↓
http://0507nonukekobe.tumblr.com/


何か感じたらぜひ行きましょう!!はじめなければはじまらない!



静岡の浜岡原発ストップ浜岡 署名
http://stophamaokanuclearpp.com/


浜岡原発とは 参考
http://www.stop-hamaoka.com/


これからの代替エネルギーについて参考
http://www.eco-reso.jp/feature/love_checkenergy/20110316_4979.php


新エネルギーのおもろい話 参考
http://www.eco-reso.jp/feature/love_checkenergy/20110319_4986.php


海外のエネルギーと日本の比較 参考
http://www.eco-reso.jp/feature/love_checkenergy/20110407_5007.php


電力会社うら話 参考
http://www.eco-reso.jp/feature/love_checkenergy/20110318_4983.php



ウィキペディアの電力自由化より参考 日本の事情を読んでみて。


日本の事情 [編集]当初は安い電力供給の形態を模索し、アメリカ合衆国など諸外国に倣い始まった日本の規制緩和であるが、早々に諸問題に直面することとなった。

新規事業者が発電事業を立ち上げても、送電は既存の電力会社の送電線を借用せねばならず、価格決定権を得ることが出来ない脆弱なビジネスモデルにしかならない現実がある。このため、新規参入業者のビジネスは、大規模な工場など極めて限定的な地域にとどまっている。また、2000年代後半に入ってからの原油価格高騰の影響を受けて、火力電源が中心の新規参入業者は高コストを強いられているとされる。これらの状況から、日本では、自由化の進展は極めて厳しいという見方をする者もいる。しかしながら、2006年2月16日付『日経産業新聞』によると、これまでに東京電力は1,100件(220万kW)、関西電力は270件(58万kW)、新規事業者に顧客を奪われ新規事業者は確実に顧客を掴みつつあり、既存会社は危機感を募らせ、電力自由化を阻止しようと政治力を行使している。

電力会社出身の国会議員は与野党ともに多い。彼らは、電力業界関連の政策を決定する与党部会の幹部となり、電力会社にとって都合のよい規制を誘導している。特に自由化に際しては、政治に働きかけて競争を抑え、経営の非効率が表にでることをできるだけ避けようとしてきた。このような政治力の行使は、独占とその非効率性の温存に役立っている。[要出典]

また、電力会社は、新聞記者出身の評論家達に研究資金を配布して、新聞記者の実質的な天下り先を用意している。さらに、電力会社は、多くのテレビ報道番組の有力スポンサーであり、電力会社にとって不利な自由化報道を牽制している。経済産業省も、元職員を電力会社に天下りさせており、電力会社の意向に反した自由化政策をとることが難しい。電力業界は組織として、政官の癒着がもっとも激しく、電力自由化は、遅々として進展していないのが現状である。[要出典]

広島県広島市のジャスコ宇品店は2005年11月より九州電力の区域外電力供給を受けるために中国電力からの電力受給を取りやめるなど既存会社でも競争が激しくなっている。





祈 忌野清志郎 5月2日
[PR]
by spicedays | 2011-05-02 03:11
<< 5月7日パレード 4月29日は午後6時から営業 >>